新年のご挨拶 2013年

明けましておめでとうございます。今年が皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

昨年2012年を振り返ると、欧州債務危機による市場の動揺は世界経済の牽引役をしていた新興国にまで波及しました。
また我が国に目を向ければ、現在の日本社会の基幹である電力を生むエネルギー問題でも国の方針が定まらず、領土問題がこれに追い打ちをかけました。
水先関連では認可料金上限の5%カット、指名船の増加、昨年末にかけての取扱い隻数の減少とトリプルパンチに見舞われました。
世界が、そして日本経済がどのように変貌しようと、島国で小資源国である我が国では、海上輸送を抜きに生活と産業は考えられません。
その一翼を担う水先案内という仕事に誇りを持ち、来る巳年が良い年になることを信じて頑張り、仕事に立ち向かっていきたいと思います。

「悲観論者が、星々の神秘を探求したり、未知の土地に航海したり、人の魂にふれる新しい扉を開いたことはこれまでに一度もない」
------ ヘレンケラー ------


我々水先人は、関門海峡の安全確保に精一杯の努力を続けてまいります。
皆様に変わらぬご支援をお願いいたします。

                    関門水先区水先人会  会長  宮本主司
[PR]

by kshpa | 2013-01-01 00:00  

<< 新年のご挨拶  2014年 新年のご挨拶 2012年 >>