新年のご挨拶 2017

明けましておめでとうございます。本年が皆様方にとりまして良き年でありますように
心からお祈り申し上げます。

昨年は、心が痛む悪質な事件やテロ・事故など次から次で、その上に自然災害の猛威。まさに一瞬でこれまで積み上げてきた生活そのものが奪われてしまう信じられないような光景が、すぐ身近に起こった年でした。

船舶の運航においても、一瞬の 「油断」 「憶測」 「過信」 「判断の遅れ」 が事故につながる真剣勝負の現場です。幸いなことに関門水先区にあっては、水先人乗船中の重大な海難事故は有りませんでしたが、これもひとえに、関係機関のご指導をはじめ皆様方のご支援ご協力の賜物と改めて感謝申し上げる次第です。

平成19年4月に新水先法が施行され、丁度10年目の節目を迎え、「船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資する」 責務を果たすべく、その時その時代にやり遂げていくべき 「課題」 をしっかり見極め 「海難ゼロ」 を目指し水先人一同頑張ってまいります。

安全確保に終着駅はありませんが、本年は 「安全確保の仕組み作りや後継者の育成指導」 を重点に取り組むと共に、ヒューマンエラー撲滅の為 「BRM」 の活用も欠かせません。

基本に立ち返り、しっかりしたコミュニケーションを行い、船舶運航に携わる関係者全員のチーム力で、この関門海峡の安全確保に寄与できることを願っております。

現在の関門水先人は 1級32名、2級3名、3級3名の構成ですが、3月に1級2名が入会し、
6月には初めての2級水先人の受入れや、複数免許(島原海湾)による小水先区への支援、
引受業務もWEB受付の本格稼働、他に昨年末着工した新社屋が5月に竣工する予定で、
52年間慣れ親しんだ現在の事務所から移転することになり、大きな節目の年になるものと
思います。

これまで以上に水先業務の引受や安全確保・安全管理に、水先人会所属の会員・社員一同
邁進してまいりますので、今後とも皆様方のご支援ご指導を賜りますようよろしくお願い申し
上げます。

                           関門水先区水先人会  会 長  内 田 研 一
[PR]

by kshpa | 2017-01-01 00:00  

新年のご挨拶 2016年 >>