<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 2011年が皆様にとって、より良い年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

昨年は、一昨年の経済ショックの立ち直りが期待されました。しかしながら、僅かな回復に留まり、期待ほどには立ち直れない状況でした。
本年は何とか立ち直って、明るい話題が満ちることを願っております。

近年はパイロットにとっては変革の時代であり、色々な波が押し寄せております。

その第一歩として、本年は今までと全く異なった船長出身者ではないパイロット学校出身の3級パイロットが、7月より我々の世界に加わる予定です。
関係皆様の暖かいご支援とご指導をお願いいたします。

また、以前から船社の要望もありました指名制が、本年春ごろより関門港において開始される予定です。この指名制度とは、特定の船舶について別立ての料金制度により水先業務を引き受けるものであり、我々にとって全く未知の分野であります。現在のシステムとの整合を図りながら、この新しい事業に取り組むには関係皆様のご協力が必要と考えられます。よろしくご配慮の程お願い申し上げます。

我々、パイロットにとって、水先法にある『船舶交通の安全を図り、併せて、船舶の運航能率の増進に資する』という命題は絶対的なものであり、究極の目標でもあります。
大きな変革の波に洗われながら、この命題を守り、更なる一歩を本年も目指していきたいと思っております。
幸いなことに、ここ数年無事故で水先業務を果たし、関門港の安全と発展に寄与しているものと自負しております。しかしながら、昨年は関門橋付近でのパイロットの乗っていない船による大きな事故が多発しており、我々パイロットも危険な場面に遭遇しております。
今後とも、関係機関、関係各位の皆様と話し合いながら、安全を考え、水先業務に全力を尽くす所存です。

関門海峡の通峡船及び関門港への入出港船の安全な水先業務と運航能率増進に向けて、
水先人会所属の会員、社員一同、一層精励努力し、海難事故ゼロを目指して邁進いたします。
今後とも、皆様方のご指導ご支援を賜りますよう本年もよろしくお願い申し上げます。

                                  関門水先区水先人会 会長 齋藤辰郎
[PR]

by kshpa | 2010-12-31 10:57