人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2021年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年が皆様方にとって良き年でありますよう、また、船舶に関わる海運・港湾業界関係者の協力により我が国の物流に安定がもたらされますよう、心からお祈り申し上げます。


新型コロナウイルス感染症は、201912月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、瞬く間に全世界に拡大し、今もなお世界を震撼させ続けています。


すでに当該感染症により20201231日現在、約180万人もの人々がお亡くなりになっています。

日本経済にも多大な影響を与えることになり、例外なく関門港に寄港する船舶は減少しています。

WHOは、このウイルスによる感染症を“COVID-19”と名付けました。


我が国でも、医療崩壊という言葉を毎日聞くようになり、メディアも連日のように報じています。

また、増殖力も感染力も強く変異した“COVID-19”は、202012月イギリスの帰国者など4名の感染が確認されており、今後我が国でも拡大が懸念されています。


しかしながら、影響はマイナス面だけではなく、何が大事で何が不必要なのか新しい価値基準を問いかけ、今まで向き合ってこなかった事柄に対し、一度立ち止まって考える機会を与えられた年であり、テレワーク、WEB会議など新時代に向けた取り組みも各業界において実施されているところです。


本来であれば、昨年に区切りを付け、新たな気持ちで本年を迎えたいところですが、この“COVID-19”は、そうはさせてくれません。


本年もWithコロナと向き合い感染防止対策を徹底し、水先業務の安定化に努め、船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資する責務を果たすべく、当会全員のチーム力により関門港の安全確保に寄与できるよう邁進してまいります。


関門水先区水先人会所属の水先人・従業員一同、今後とも皆様方のご支援ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


2021年1月1日

関門水先区水先人会

会 長 江 口 良 一


# by kshpa | 2021-01-01 00:00  

2020年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年が皆様方にとって良い年となりますようにお祈り申し上げます。


昨年は新元号、令和がスタートして、新しい時代の幕開けに希望、夢を膨らませていた矢先に7月に京都アニメーションの放火事件があり、多くの若い人たちが犠牲となりました。

8月の北部九州の豪雨災害、9月、10月の台風15号、19号による中部地方から東北地方にわたる広範囲に及ぶ豪雨災害により、被害を受けられた方いまだ避難所生活を強いられている方、一日も早く復興、復旧されることを願うばかりです。

今年こそ、事件事故のないこと、災害のない年でありますように。

今年はオリンピック・パラリンピックが開催されるので、多くの国からたくさんの観戦客が来日し、オリンピック・パラリンピックの観戦だけでなく観光、日本文化に触れ、そして体験し、これを機会に日本経済が発展することを期待しています。

3級水先人として入会した一期生が、今年は1級水先人にチャレンジする年となりました。後に続いて順に1級水先人が誕生します。
彼らの活躍にご期待ください。

水先法の目的である「船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資すること」は、当水先人会の変わることのないテーマでありモットーです。

嚮導船舶の安全な水先業務と運航能率増進に向けて、水先人会所属の会員、社員一同「ONE TEAM」となって、一層精励し海難事故ゼロを目指し邁進していきます。

関係機関をはじめユーザーの皆様方のご指導、ご支援を賜りますよう本年もよろしくお願い申し上げます。

関門水先区水先人会

会長 橋本 敏道


# by kshpa | 2020-01-01 00:00  

2019年 新年のご挨拶

 新年 明けましておめでとうございます。

 海上にあって「ひたすら安全に」と願うのは、自然の前にあまりにも非力だからと思います。
 昨年でも 岡山県、広島県、山口県等集中豪雨に襲われたり、40年くらい前にはめったに聞くことのなかった930HP級の猛烈な台風が最近頻繁に発生しています。なかでも台風21号は、関西空港を襲いタンカーが連絡橋にぶつかり、陸上との交通ができなくなり、5,000人以上が台風の最中空港に残っていたのには驚きました。タンカーが早く離れていれば起こらなかった事故ですが、何がそうさせなかったのでしょう。
 こういった事故は、静かな海にあっても起こります。水先人も通らぬという大島大橋(山口県周防大島)を、夜間、なったばかりの船長が初めての所を航行しようという発想。関係者の誰か一人でも本当にあの船があそこを夜安全に航行できるのだろうかという素朴な基本的な疑問は感じなかったのだろうか。そして、水先人を要請しようかという発想も浮かばなかったのだろうかとも思います。

 一昨年来実施してきました島原海湾派遣支援は、水先人確保の目処がついたので、本年2月末で終了いたします。関門水先区水先人会が水先支援に寄与できたことは、二人の二級水先人によってなされたものであり非常に感謝しております。このような二級水先人が昇級し一級水先人として活躍する日も、六連島灯台から見れば蓋井島程の距離に近づきました。

 最後になりましたが、本年も安全運航に一丸となって邁進いたします。皆様宜しくお願いします。

                                       平成31年1月
                                       関門水先区水先人会
                                       会 長  山 根 達 則

# by kshpa | 2019-01-01 00:00  

2018年 新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。
皆様、健やかに2018年の新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。

今年の干支である戌は、その特徴には様々なものがある中で「協調性と柔軟性を併せ持っており、困難な状況でもやり遂げる力を持っている。」および「自立心が強く。努力を惜しまない。」の長所があります。良いとこ取りではありますが、この干支に因み、より良き年でありますことを心からお祈り申し上げます。

昨年6月、52年間の長きに亘り住み慣れた旧社屋から現在の新社屋に移転しました。旧社屋では、皆様のご支援・ご指導のお蔭で大過なく水先引受業務を行って参りました。
移転後、既に半年が経過しており、業務はこれまで通りに順調で有りますが、今年は更に充実させたいと考えております。

現在、関門水先区水先人会には、1級水先人29名、2級水先人5名、そして3級水先人2名が在籍しています。
その内の1級水先人1名は、現役の水先人が水先人を要請する施設である海技大学校水先教育センターに講師として出向し、水先修業生の教育指導を行っています。
また、小規模水先区である島原海湾水先区水先人会への水先支援を行うため、支援先の免許を2名の2級水先人が新たに取得し、夫々1年交代で長期に派遣されて支援業務を行っています。
現在では、この様に関門の地に限らず他所でも活躍し、高い評価を頂いています。
この3月には、新たに免許を取得した1級水先人2名が新戦力として入会する予定です。

本年も、安全で高品質のサービス提供を目標として、水先人・社員一同一丸となって精進して参る所存です。
皆様のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

                                   2018年1月
                                   関門水先区水先人会
                                    会 長 佐 藤 元 洋

# by kshpa | 2018-01-01 00:00  

新年のご挨拶 2017

明けましておめでとうございます。本年が皆様方にとりまして良き年でありますように
心からお祈り申し上げます。

昨年は、心が痛む悪質な事件やテロ・事故など次から次で、その上に自然災害の猛威。まさに一瞬でこれまで積み上げてきた生活そのものが奪われてしまう信じられないような光景が、すぐ身近に起こった年でした。

船舶の運航においても、一瞬の 「油断」 「憶測」 「過信」 「判断の遅れ」 が事故につながる真剣勝負の現場です。幸いなことに関門水先区にあっては、水先人乗船中の重大な海難事故は有りませんでしたが、これもひとえに、関係機関のご指導をはじめ皆様方のご支援ご協力の賜物と改めて感謝申し上げる次第です。

平成19年4月に新水先法が施行され、丁度10年目の節目を迎え、「船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資する」 責務を果たすべく、その時その時代にやり遂げていくべき 「課題」 をしっかり見極め 「海難ゼロ」 を目指し水先人一同頑張ってまいります。

安全確保に終着駅はありませんが、本年は 「安全確保の仕組み作りや後継者の育成指導」 を重点に取り組むと共に、ヒューマンエラー撲滅の為 「BRM」 の活用も欠かせません。

基本に立ち返り、しっかりしたコミュニケーションを行い、船舶運航に携わる関係者全員のチーム力で、この関門海峡の安全確保に寄与できることを願っております。

現在の関門水先人は 1級32名、2級3名、3級3名の構成ですが、3月に1級2名が入会し、
6月には初めての2級水先人の受入れや、複数免許(島原海湾)による小水先区への支援、
引受業務もWEB受付の本格稼働、他に昨年末着工した新社屋が5月に竣工する予定で、
52年間慣れ親しんだ現在の事務所から移転することになり、大きな節目の年になるものと
思います。

これまで以上に水先業務の引受や安全確保・安全管理に、水先人会所属の会員・社員一同
邁進してまいりますので、今後とも皆様方のご支援ご指導を賜りますようよろしくお願い申し
上げます。

                           関門水先区水先人会  会 長  内 田 研 一

# by kshpa | 2017-01-01 00:00