人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新年のご挨拶 2016年

明けましておめでとうございます。本年が皆様方にとりまして良き年でありますようにお祈り申しあげます。

昨年は、イスラム国、安全保障、テロが大きな話題となり年末の漢字一文字の「安」はまさに世相を表す言葉となりました。
当会にとって「安」の一文字は2015年に留まらず、本年以降も意味するところはただ一つ・・・「航海の安全」です。

さて、ここ数年水先人不足問題がとりざたされ、昨年人材確保を目的に国交省、船主協会、水先人連合会ほかの関係者によって設置された「水先人の人材確保・育成等検討会」において対応策が議論されています。
夏までにはその対策が取り纏められるものと思われます。
当会の現会員数は、一級31人 二級1人 三級4人の合計36人体制で船舶からの水先要請に応えております。
幸い当会においては、本年も3人の一級及び1人の三級の新規水先人が誕生する予定で安心しておりますが、九州エリア全体を見れば、水先人は今後不足する傾向にあります。
多くの海技士の皆さんが、水先人の道を目指されることを期待しています。

以下は、海の先達「山本五十六」の名言で、ここ数年来腑に落ちています。
― やってみせ 言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ
   話合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
   やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず ―

平成19年から開始された新人水先人の養成教育制度は、年数を重ねるにつれ更に完成しつつあり、若い三級を含めた新たな世代の優秀な水先人も育っております。

最後に関門水先区水先人並びに従業員一同は、引き続き関門港及び海峡の安全確保に邁進してまいりますので、今後とも皆様方のご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                                 関門水先区水先人会
                                 会長  野 上 明 芳

# by kshpa | 2016-01-01 00:00  

新年のご挨拶 2015年

 明けましておめでとうございます。本年が皆様方にとりまして良い年でありますようにお祈り申しあげます。

 昨年もいろいろありましたが、種々のことは紙に書いて羊に食べて頂きましょう。

 さて昨年は、1級水先人1名及び、3級から2級への昇級水先人が合格しました。
 2級合格者については、まだ3級の技量について学び、しばらく当会では3級の業務に就くこととなります。
 現在、1級水先人については34名、3級水先人4名の計38名の陣容で臨んでおります。本年、1級水先人1名、3級水先人1名が新規加入予定です。

 水先法の目的である「船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資すること」は、当会水先人の変わる事の無いテーマであり、モットーであります。
 安全は決して、単独では達成できないものと承知致しており、ひとえに皆様方のご協力を頂き、邁進していく所存です。

 昨年は、関門水先区水先人会の110周年を迎えましたが、今後更に年月を積み重ね、そのノウハウを蓄積していきたいと存じます。

 ノーベル平和賞を受賞されましたマララさんの様に、本当の真実を目指して頑張って行く所存です。今後共皆様方のご支援ご協力を賜ります様に、本年もよろしくお願い申し上げます。

                                  平成27年 元旦

                                       関門水先区水先人会 
                                       会  長  中 村 和 義

# by kshpa | 2015-01-01 00:00  

新年のご挨拶  2014年

 明けましておめでとうございます。今年が皆様方にとりまして良い年でありますようにお祈り申しあげます。

 地球温暖化、異常気象が日常茶飯事の話題となって久しい昨今、そのせいか昨年も内外で自然の猛威による被害が多発しました。記憶の新しいところでは、伊豆大島の豪雨・土石流災害やフィリピンでの台風30号被害などがありましたが、今年こそ災いのない実りある年になって欲しいものです。

 さて、平成19年4月施行の改正水先法において、水先人等級別免許制度を含む水先制度の抜本的な改正が行われ、これに伴い当会では現在既に3人の3級水先人が32人の1級水先人と共に水先業務に携わっています。

 水先法の目的である「船舶交通の安全を図り、併せて船舶の運航能率の増進に資する」を念頭に、これら3級水先人は1級水先人共々安全運航に努めるとともに、さらに上級水先人を目指し、一歩一歩着実に日夜研鑽努力を重ねているところです。また、昨年6月に取り纏められた新しい水先人養成制度の下、今年の2月には水先教育センターで2級水先人の養成が始ろうとしています。数年先には当会にも新人2級水先人がお目見えすることになります。

 そんな中、幸いなことに、関門海峡ではここ数年水先人乗船中の海難事故はなく、平穏無事な新年を迎えることができました。これもひとえに各水先人が安全運航に徹した不断の努力に加え、皆様方のご支援ご協力の賜物と改めて感謝申し上げる次第です。そして今年も船陸コミュニケーションを緊密にし、同時にBRMを有効に活用する等、Safety First、安全運航の徹底を図って行く所存です。

 今年は、関門水先区水先人会にとって、明治37年6月に現在の水先人会の前身である下関水先人組合が設立されてから丁度110周年を迎えます。この記念すべき節目の年に当たり、歴史の重みと幾多の先達の労苦に想いを馳せ、これからさらに100年、新たな礎となるように水先人並びに従業員一同、日々切磋琢磨し、引き続き関門港、関門海峡の安全確保に邁進したく思います。

 今後とも皆様方の変わらぬご支援ご協力を賜りますよう、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                                平成 26年 元旦
                                関門水先区水先人会 
                                会 長  加藤計太郎

# by kshpa | 2013-12-31 12:46  

新年のご挨拶 2013年

明けましておめでとうございます。今年が皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

昨年2012年を振り返ると、欧州債務危機による市場の動揺は世界経済の牽引役をしていた新興国にまで波及しました。
また我が国に目を向ければ、現在の日本社会の基幹である電力を生むエネルギー問題でも国の方針が定まらず、領土問題がこれに追い打ちをかけました。
水先関連では認可料金上限の5%カット、指名船の増加、昨年末にかけての取扱い隻数の減少とトリプルパンチに見舞われました。
世界が、そして日本経済がどのように変貌しようと、島国で小資源国である我が国では、海上輸送を抜きに生活と産業は考えられません。
その一翼を担う水先案内という仕事に誇りを持ち、来る巳年が良い年になることを信じて頑張り、仕事に立ち向かっていきたいと思います。

「悲観論者が、星々の神秘を探求したり、未知の土地に航海したり、人の魂にふれる新しい扉を開いたことはこれまでに一度もない」
------ ヘレンケラー ------


我々水先人は、関門海峡の安全確保に精一杯の努力を続けてまいります。
皆様に変わらぬご支援をお願いいたします。

                    関門水先区水先人会  会長  宮本主司

# by kshpa | 2013-01-01 00:00  

新年のご挨拶 2012年

明けましておめでとうございます。今年こそ皆様方にとりまして良い年でありますように心より願っております。

昨年2011年は、3月の「東北地方太平洋沖地震」による、東日本大震災、東京電力福島第一原発1~3号機の炉心溶融に伴う大気土壌及び海洋の放射能汚染 又 7月のモンスーン時期に始まったタイ洪水は3ヶ月以上も続き、世界サプライチェーン(供給網)に大打撃を与えました。

2008年のリーマンショック以来、世界中で経済危機を内包している流動的な状況の中での欧州経済・ユーロ危機、円高による日本経済の停滞など、波瀾含み、予測の困難な経済情勢の中、物流の変化により、海上輸送も大きく変化しようとしています。
関門海峡の船舶の航行形態も変貌をとげていくことでしょう。そんな中で私達関門水先人は、ひたすら安全確保に努力を続けてまいります。
皆様方の変わらぬご支援をお願いいたします。

                    関門水先区水先人会 会長  鵜殿 剛

# by kshpa | 2012-01-01 00:00