人気ブログランキング | 話題のタグを見る

関門海峡の安全航行を見守った人達

『僧 清虚』 
大分県国見町の出身、天保7年(1838)行脚の途中、青浜にて何とか海難をなくし多くの人命を救おうと燈明台を作り13年の長い間、燈明の火を絶やさなかった。彼の死後は村人達に引き継がれ、明治5年1月、現在の灯台が完成するまで暗闇の海を照らし続けた。

『岩松助左衛門』 
小倉長浜の庄屋、文久元年 藩主より海上御用掛並び難破船支配役を命じられた。当時、海難事故の多くあった白洲に、燈明台の建設を建議した。当時の小倉藩の財政援助は期待できなかったので、私財を費やし又寄付を募り奔走した。明治新政府の灯台寮は、明治5年、彼の燈明台建設にかける情熱に「神妙奇特の至り」と強く感動し政府直営の事業とした。明治6年9月1日完成・点灯した。彼が燈明台建設の悲願を込めて以来11年の歳月が流れた。彼の顕彰碑は小倉城内にある。

# by kshpa | 2008-05-13 11:39  

徳川時代の海峡の水先案内

 寛文10年(1670)、幕府は河村瑞賢に東廻り航路、西廻り航路の開拓を命じた。奥羽地方の米を江戸・大阪に効果的に運ぶためである。新井白石の奥羽海運記によれば「長州下関沖海中に石礁あり、海船之に触れれば忽ち敗毀を致す。故に務場人役に委ね常に嚮導小船を備え、運航を指引し以て危礁を回避せしむ。」とある。現在の水先案内の事である。寛文以後、自然と集まり一つの組合となって営業された。伊崎(下関)に殆どの水先人が住んでいたので、伊崎付船ともいわれた。(註 北前船の始まりである。) 加賀藩は100石船 石松代参30石船 因みに新潟港では、享保時代「水戸教」と呼ばれる水先案内があった。伊藤家が代々世襲であった。関門より約55年後の事である。現在水戸教公園があり、船見櫓を復元したものがある。

# by kshpa | 2008-03-03 14:59  

関門海峡の航行安全 昔・今

明石与次兵衛碑

 文禄元年(1592年)7月、朝鮮出兵のため名護屋城(佐賀県)にいた豊臣秀吉は、母の急病を聞き、急遽大阪城に向かった。途中、関門海峡最大の難所といわれた『篠瀬(しのせ)』で御座船が座礁した。秀吉は護衛の毛利秀元(後の長府藩初代の藩主となる)により助けられたが、船奉行であった明石与次兵衛は、その責任を負って大里の浜に上陸し割腹して果てた。
 この事件の後、従来海難事故の多い所で『死ノ瀬』とも呼ばれていた。
 後、慶長5年(1600年)、豊前国の領主として入国した細川忠興は、与次兵衛の死をいたむと共に、往来船舶の安全のため『篠瀬』に与次兵衛碑を建てて示標とし『与次兵衛ヶ瀬』と呼ぶようになった。
 1823年長崎・出島のオランダ商館付医師として来日したドイツ人・シーボルトは日本に近代西洋医学を伝え、又日本の近代化やヨーロッパでの日本文化の紹介に貢献した人物である。彼の『江戸参府紀行』によると「記念碑は約2メートル50の高さの四角い柱で、四面からなるピラミッド形の飾り屋根があって碑文はない」とある。
 門司港駅より車で5分の所に和布刈公園がある。丁度関門橋の下である。周回道路の基点にある案内板より、約30mほどで、左へ展望台に行く小道があり、それをのぼると、海難守護神明石与次兵衛塔があり、海峡を見下ろしている。海上から見ると、柁ヶ鼻の海上保安部の基地の上に、瀬戸内海国立公園の看板が見えるが、その一寸上の所に、塔の頭部分が見え隠れする。大正初年ごろから始められた海峡改良工事で、この塔は運輸省第四港湾建設局(下関市)の構内に移され、第二次大戦中は防空壕を掘るため、海中に沈められていた。戦後、門司郷土会その他有志が引き揚げ(頭部は破損していた)、昭和31年4月、海難守護神明として和布刈公園に再建(頭部は本来八角型であったが誤って円型に造る)したが、関門橋建設に伴い同47年この地に移した。

# by kshpa | 2008-02-01 01:00  

「関門海峡の航行安全 昔・今」 

 平成19年12月19日(水)、西部海難防止協会の海務懇談会が開催されました。同会に於いて浜嶋会長が「関門海峡の航行安全 昔・今」と題して講演され、連綿と続く当海域の歴史を熱く語られました。
 又、同氏は過去に日本パイロット協会(現日本水先人会連合会)会誌に明石与次兵衛に関する記事も投稿されております。海に関係のある我々にとっては、極めて興味深い内容となっておりますので、同氏の了承を得て、数回に分けて連載します。

# by kshpa | 2008-01-21 15:16  

新年ご挨拶

 明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって、良き年でありますよう、お祈り申し上げます。

 昨年は我々水先人にとっては改正水先法が施行され、激動の年でした。水先人会の法人化、水先料金の省令から認可料金への移行決定、新しい水先人養成制度の発足、東京湾、伊勢三河湾、大阪湾内の水先区の統合、全ての水先人の個人事業者化等々、大変革が実施され、それに付随する現場での諸々の問題処理に翻弄されました。一部は今年以降に持ち越しとなっており、引き続きその対応に追われることになりそうで、年明け早々でもお屠蘇気分に浸っている訳にもいかぬようです。

 それはさておき、今年は子年、十二支の初めの年であり、何事にも気分を一新して立ち向かえる気がします。或る運勢占い本には「活動の成果がはっきりする年、努力を重ねている人には好調な仕事運、仕事内容や職場環境の変化も予測される年でもあるが、どうのような状況下でも黙々と努力を重ねる事が大きな成功を手中にするポイント。強引な改革や方向転換は苦労のもととなる。」とあります。

 今までの実績と経験に裏打ちされた良き慣習と、新しい水先制度で要求される事をうまく摺り合わせながらソフトランディングをはかりより良い水先制度を確立したいものです。
 我々水先人の職場ではSafetyFirstが最重要視されなければなりません。経済性を追求するあまり、これが疎かになれば必ずやしっぺ返しがくることを覚悟しなければなりません。過去の数々の事例が物語っております。

 今後とも、我々水先人は関門海域の安全確保に精一杯の努力を続けてまいる所存に付き皆様方の変わらぬご支援をお願いいたします。

                       関門水先区水先人会  会 長  高祖 健一郎

# by kshpa | 2008-01-04 14:06